体の健康は まず、お口から

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯を支える組織(歯周組織)における様々な病態の総称です。歯ぐきの腫れや出血から始まり、放置するとやがて歯がぐらついて抜けてしまうこともあります。ギネスブックによると最も多い伝染病は風邪ですが、最も多い病気は歯周病とのことです。

全世界で最も患者が多い病気は歯周炎などの歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない ギネスブック2001

このことからわかるように歯周病は年齢、人種を問わず誰にでも起こり得る病気です。わが国では、中高年の8割以上がこの病気にかかっていると言われています。

歯周病を起こす原因は、歯と歯ぐきの隙間にたまるプラーク(歯垢)の中にいる細菌です。その中の歯周病菌の感染により少しずつ歯を支える組織が破壊されていきます。痛みなどの自覚症状はほとんどないため静かに少しずつ、気づかないうちにひどくなるケースが多いですが、炎症がひどくなると歯ぐきが腫れ、痛みや排膿、口臭の原因にもなります。歯周病の直接の原因は歯周病菌ですが、歯周病菌のすみかとなるプラークや歯石を残さない生活習慣が重要です。歯周病は、網膜症、腎症、神経障害、心筋梗塞、脳梗塞についで糖尿病の第6番目の合併症と言われています。また、健康状態が悪く、抵抗力(免疫力)が落ちていると歯周病菌が暴れやすく、口腔内の腫れや出血などの症状が出てきやすくなります。

歯周病とからだの病気

歯周病になると、歯ぐきの炎症が、全身に多くの影響を与えます。歯周病が低体重児出産、早産、脳梗塞、誤嚥性肺炎、心筋梗塞、心内膜炎、動脈硬化、糖尿病などの病気に深く関わっている事がわかってきました。

歯周病を治療すると糖尿病もよくなる?!

実は、歯周病と糖尿病は密接に関係があることをご存じですか。歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。最近の報告によると糖尿病を患っている人は、そうでない人と比べると歯周病の発症率と進行度が高いとされています。さらに、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化する一方、歯周病治療によって糖尿病の症状が改善することがわかってきました。

糖尿病の人は抵抗力(免疫力)が低下しており、歯周病菌に感染しやすく歯ぐきの炎症がおこりやすくなっているため、歯周病が悪化しやすい環境にあります。歯ぐきの炎症が進むと炎症性サイトカインと呼ばれるタンパクが歯ぐきから血液中に流れ込みCRP値と言われる炎症パラメータが上昇します。CRP値が高くなると肝臓の働きを弱め、糖代謝に悪影響を及ぼします。また、炎症性サイトカインの一つであるTNF-αが増えすぎると、血糖をコントロールするインスリンと呼ばれるホルモンの働きを阻害し、糖尿病が悪化してしまうといわれています。この考えに基づいて、歯周病治療により歯ぐきの状態が良くなると、インスリンの働きが阻害されなくなり糖尿病の病態が改善することが期待できるとされています。

歯周病が糖尿病を引きおこすメカニズム

「糖尿病」と「歯周病」 負のスパイラル

歯周病の予防

むし歯や歯周病を防ぐためには、食後、就寝前にしっかりと歯磨きをすることが基本ですが、プラークはとても強固に歯に付着しており、マウスウォッシュ等の薬品だけでは除去できません。そのために適切な歯磨きで除去することが大切になります。歯磨きでプラークを除去することにより、むし歯の予防はもちろん歯ぐきの炎症が改善します。歯ぐきの炎症が全身に多くの悪影響を及ぼすことは昨今の研究で明らかになっています。

そこで毛先磨きと呼ばれる歯磨き方法を紹介します。毛先磨きの基本は歯ブラシのグリップを前歯を磨く際には鉛筆を持つように、奥歯では軽く握って持つようにします。そして、歯ブラシの毛先を歯面に直角にあて、毛先が広がらない程度の100~200gの軽い力で1か所10~20回小刻みに動かします。毛先を動かす方向も、これらのことを心がければ横、縦、斜めどのような方向に動かしても構いません。

常日頃、適切な歯磨きをすることが最も重要ですが、お口の中はなかなか自分で直視することはできません。磨き残したプラークが石灰化し歯磨きでは除去できない歯石になっている可能性もあります。また歯周ポケットが既に深くなっていると適切な歯磨きをしていても歯周ポケット内のプラークの除去は安易ではありません。また歯磨き方法の確認も重要になります。そういう理由から各々の方々の歯周病の進行具合に応じた定期的な歯科医院への受診をお勧めします。

歯ブラシの毛先の使い分け

前歯の磨き方

前歯の表側
前歯の裏側
鉛筆を持つようにグリップを持ちます。毛先を歯面に直角に当て毛先が広がらない程度の軽い力で磨きます。湾曲した面には「つまさき」や「かかと」を使って磨きましょう。

奥歯の磨き方

上の奥歯
下の奥歯
奥歯の後ろ側は磨きにくい箇所です。歯ブラシの「つまさき」を使いましょう。1か所10~20回小刻みに動かします。

歯と歯ぐきの境目(歯頸部)の磨き方

奥歯の外側
奥歯の内側
歯と歯ぐきの境目(歯頸部)にきちんと毛先を当てましょう。磨きやすいように奥歯を磨く際は歯ブラシのグリップは軽く握りましょう。

PAGE TOP